“孤独のグルメ”にも出た野毛・日ノ出町の名店第一亭でパタンとチート


野毛・日ノ出町といえば、横浜が誇る呑兵衛の聖地で、夜には怪しい雰囲気をも醸し出す、なかなかディープな場所です。

野毛は、本当に様々なジャンルのお店があり、B級グルメから、それこそ“名店”とよばれるようなお店まで・・。

多種多様なお店で、じっくり呑むことができる街で知られています。

実は、この工場直売好を立ち上げる際も、弊社の社長と「打ち合わせ」によく来ました( *´艸`)もちろん「打ち合わせ」ですよ。

いや、この話は・・・やめましょうね(笑)

そんな、大切な話もじっくりできる街・野毛にある台湾料理の名店をご紹介いたします。

野毛でおすすめの店 台湾料理の第一亭

それが、台湾料理の第一亭という中華料理店です。

昔から人気がありましたが、孤独のグルメに登場してからは、さらに人気が出ています。

週末の夜なんかだと行列もできるとか。

私も、20代の頃から第一亭に通い、ビールを飲みながら、モツ炒めや豚足のうま煮、そして、今では厳しくなり、販売を中止していまった「レバ刺」なんかを、よく食べてました。

そんな第一亭に、久しぶりに行ってきました。

訪れたのは平日水曜日。

お目当ては、第一亭の「名物」です。



第一亭の名物、その1つがコレ!「チート」です。

孤独グルメでも登場した料理ですが、ここでしか味わえない絶品です。

チートとは、豚の胃のことです。
それを生姜と一緒に炒めて、かるくとろみがかかっています。

豚の胃と聞いても、想像つかないと思いますが、ホルモンのようなクチャクチャという触感ではなく、やわらかいけど・・いい触感です。

第一亭で以前働いていた従業員さんと知り合いなんですが、なんでも、豚を納品する方がチートと呼ばれているらしく、(だから)チートと付いた、なんて話も聞きましたが、定かではありません(笑)

名前の由来はわかりませんが、とにかくうまいので、ぜひお試しください。

野毛・日ノ出町の第一亭のにら玉

第一亭の「にら玉」。

名物ではないのですが、「かしら」と共に、私が必ず頼む料理です。

一般的には、ニラとたまごを一緒に炒めるの所が多いいと思いますが、第一亭は、たまごを上に乗せるスタイル。

たまごの下には、とろみの効いた炒めたニラ、もやしがたっぷり。



ごはんと食べたら、いくらでもごはんが入ってしまいます。
もちろん、お酒のアテにも最高なので、ぜひお試しください。

そして、第一亭の最大の名物いえば、「パタン」ですよね。



元々は、店の賄い飯だったようですが、賄いで食べているのを常連さんが『食べさせて!』から始まったのだとか。

今も、メニューにはのっていませんが、私が訪れた時は必ず、店にいる8割のお客さんが注文していますね。

中華包丁で「パタン」とにんにくを叩いて作る事からパタン。

茹でた麺に、少々の油とツーンと効いた生ニンニクを絡めただけの、シンプルな一品ですが、これがうまいんです。

まぜそばとしても、付け合わせのスープに、つけ麺のようにつけてたべてもOKです。

ただ・・にんにくが強いので、かなりお口に残りますので、お仕事やおデートの際は、ご注意を。

第一亭の謎の貼り紙突然歌い出します

最後に、第一亭の壁に貼られている謎の貼り紙を残して、終わりたいと思います。

「一体、誰が突然歌いだすんだろう」

まだ、その場面に出くわしたことがない・・って言うのは、まだまだ常連ではない証拠だな。

もっと通わなければ(笑)



台湾料理 第一亭
横浜市中区日ノ出町1-20
☎045-231-6137
日ノ出町駅から徒歩3分
定休日 火曜日
営業時間 11時30分~13時30分 16時30分~21時00分


コメントをどうぞ...

*

18 + four =

横浜中華街の味 中華ギフトセット

送料込みでお得な中華ギフトセット

※正華工場直売 人気商品を詰め合わせました